FC2ブログ

その後のベタ・ユニマクラータ・レッド (ベラウ産)Betta unimaculata (from Berau)

2015.05.24(Sun)

・・・確か、

今年の二月頃、導入したベタ・ユニマクラータ・レッド (ベラウ産)Betta unimaculata (from Berau)の近況。
この赤いベラウ産のユニマクラータは、かなりざっくり言うとオケラータとユニマクラータの生息地の中間地点とも言えるベラウ付近か、ベラウ水系に生息していると推測されるタイプである。

当初は6センチ程度の細い魚でしたが、現在は9センチ弱ほどに成長。ややはっきりとしなかった雌雄の特徴もハッキリしてきた!

20150524121341ef9.jpg
201505241214564a4.jpg
20150524121455015.jpg
ベタ・ユニマクラータ・レッド (ベラウ産)Betta unimaculata (from Berau)、オス個体。

画像ではやや警戒・緊張した状態で、フルで発色した状態ではありません。と、いいますか、メスが強くて常に追い回されている状態なので、未だにフル発色した状態は見た事がなかったりするのである。一応、レッドとの名前がついていたのだが、赤と呼ぶのは辛い色合いで御座いますなぁ。。一応、このタイプを飼育しておられる方に特徴を聞いてみたのだが、どうやら㊤の写真みたいな感じで、他のユニマのオスほど綺麗にならない感じらしい。。う~~~む。。いやっ!ウチのはこんなもんじゃないっ!綺麗に発色している!という方おられましたら、御一報下さいm(__)m
後、このタイプで何気に目立つ特徴と言うと、前鼻孔周辺がオレンジ色だと言う事でしょうか。これはパトティやイデイィと共通していますが、これを系統にからめて解釈可能かは全くの不明で御座います^^

20150524121345ee8.jpg
20150524121453737.jpg
ベタ・ユニマクラータ・レッド (ベラウ産)Betta unimaculata (from Berau)、メス個体。

これを赤とは言わんでしょ?・・・とは言え、このタイプで私が魅力と言うか、注目しているのは、この長いボティと尖った口先なのである^^実はほぼ同時期に導入した、マリナウ産のユニマのペアと未だに同居中なのだが、マリナウが丸い狸面なので、余計、ベラウの狐面ぶりを感じてしまう^^何としいますか、以前はユニマ系の違いがイマイチ解らない感じでありましたが、こうして数タイプ一度に飼育してみると、違いが見えてきましたよ^^

t02200147_0800053312009002758.jpg
赤いユニマクラータ、オス個体。

この画像は2012年の6月頃に大阪のベタ専門店、フォーチュンさんが主催されたベタコンテストで撮影した(・・・もしかしたら、出品魚ではなく、店舗で撮影したかも^^)赤いユニマクラータのオス個体である。12センチ以上ある成魚で、頭部は丸く感じられるものの、ベラウの赤いユニマに似ている気がする^^

・・・私の記憶が定かなら、赤いユニマが国内で紹介されたのは、フォーチュンさんのアクアラマ2007で見た魚として紹介されていたタイプで、やや鮮明な^^横縞が印象的なオス個体であった。その後、このタイプと思われる魚の生息地に採集に行かれた様子がALかFMに掲載されていた気がするが記憶が定かでないのである^^う~~~む、この時のタイプと赤いベラウの同異って。。とは言え、ややニュアンスは違うものの、ユニマには他にも赤っぽいのがいるみたいだし、近似種にもやはり、赤いのやらピンクっぽいのがいるようである。。。

う~~~~~む、ついては行けんのう。。





COMMENT

craft #8Z5KALLQ

ベタの飼育

こんばんは。

ワイルドでしょうか。
いい雰囲気出してますね。
(^-^)

ベタって、オスとメスも普段は離して飼育ですか?

2015.05.24(Sun) 23:56 | URL | EDIT

ティー・ユー #-

Re: ベタの飼育

どうもです。

最近、花粉症のせいで集中力がダウン。
説明文を付けるのが遅れております(−_−;)

良いペアだと普段も産卵後も一緒にしてます。
ただ、突然、DVするケースもあるので、
観察は必要ですね^ ^

2015.05.26(Tue) 12:52 | URL | EDIT

うー #-

いつも貴ブログを楽しく読ませてもらってます。

マクロストマはあえて飼育しておられないのですか?
マクロはわりと「仲の良いペア」に出会うことが多いような気がします。

2015.06.06(Sat) 20:23 | URL | EDIT

ティー・ユー #-

Re: タイトルなし

マクロストマは過去に飼育していたのですが、
F2の壁が結構高いように感じられ、自分の飼育環境では無理と判断してまして、
手を出す事を控えております。

ただ、知人はF2以降も繁殖させておられるので、
飼育環境を整えてから飼育したいなぁ、などと考えております^^

2015.06.07(Sun) 09:04 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

ティー・ユー

Author:ティー・ユー
物心がついた頃より、水生生物を飼育。数年の中断を経て、飼育を再開した親父です^^
現在はワイルドベタ、胎生メダカを飼育中。

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑