FC2ブログ

桶トープ、2015夏^ ^

2015.08.22(Sat)

ブログで お知り合いになった方で、胎生メダカの野外飼育をされている方がおられるのですが、その方に影響され、昨年の夏より、殖えたソードテールの一部を野外飼育していたのだが、今年は若干、規模を拡大。植物も熱帯スイレンなどを植えて楽しんでおります。

このタイプの水辺植物を、自然っぽく再現した管理方法の事を、“ピオトープ”と呼んだりしますが、本来の意味とはチョット違う呼び方ですし、何なんで^^私の所のは、桶トープと呼ぶことにしている^^


20150822073713f1b.jpg
桶トープ全景の図。

桶はHCで入手出来る、プラスチック製のモノを使用。結構水量が確保できるお品で、その最大の選択はその優れたコストパフォーマンスで御座います^^60リットルで千円チョイぐらいですから、複数買い求め易いのは嬉しい^^
色は、水色・黄緑・ピンクがあり、最初、北欧チックな黄緑のモノを購入したかったのだが、数が揃わなかったので、スタンダードな水色にする事にした。桶のサイドは安い^^杉板でカバーしてサイドからの光を遮断し、水温の上昇を防ぐと共に、若干の風情を出すことに成功した^^

201508220739018ec.jpg
201508220738583f9.jpg
20150823072259cdc.jpg
2015082207371119a.jpg
熱帯スイレン。

品種名は失念!これはHCで購入したものですのでメジャーな種類だと思われます。見慣れた温帯のスイレンに無い、ド派手な花色が魅力的というか、エキゾチックでありますなぁ^^私の観察では、午前8時から9時ぐらいに開花。午後には花は閉じてしまうようで、一蕾につき、二回(二日)開花するみたいである。㊦二枚の画像は、葉の付け根に生じたムカゴ。ここからいきなり葉と根が生じてきます。


201508220738568ae.jpg
温帯スイレン。

こちらもHCで購入しましたよ。確か、商品名は“温帯スイレン・黄”。なんてザッパな表示なのでしょうか^^こちらも午前中に咲くタイプです。



201508230723022d1.jpg
アマゾン・フロッグビット。

屋内の間引き株を入れてみました。すると何でしょうか、葉の軸がやたら伸びてきましたよ^^


201508220738597a7.jpg
ヒメコトビシ。

この水草、かなり好きな種類なのですが、残念ながら屋内では中々、長期維持が難しかったりしますが、やはり太陽光線が当たる場所では脇目も盛んに展開してましてイイ感じですよ。



20150823072259471.jpg
トウカイコモウセンゴケ。

花色から判断するに、こう呼ばれるべき種類らしい。市内の某所から一株採集。水上部に植えております。



20150822073712493.jpg
水上部の植物。

・・・4年ほど前に、ヒビの入った土鍋を鉢にして、ネギなどを植えて、薬味をそこから調達していたのだが、いつの頃からか、鳥が運んだ種から樫の木が育ってきた!しかし、強風で落下してしまい、土鍋は破損。とりあえず、桶トープの水上部に設置したのが、画像のモノである。今でも若干、ネギ、生えてます^^




201508220739026d3.jpg
エンドラーズ系のグッピー。

初夏の頃に開催された、『世界のめだか展覧会』で頂いたペアはこちらでキープ。実際のところ、エンドラーズを始めとする小型のカダヤシはこの手の止水環境での飼育に向いていると思いますなぁ。当初は無給餌でしたが、次世代が殖え始めたので、最近は若干、ブラインシュリンプの幼生などを与えている。


2015082307193948d.jpg
ベタ・スプレンデンスの稚魚。

・・・昔、実家の庭に池を素掘りして、トラ・ベタを放ち、秋口に幼魚を回収してたりしてましたが、飛び出しには注意が必要なものの、スプレンデンス系ワイルドベタは、桶トープ飼育には向いた魚でありますよ。大きな睡蓮の葉はベタが好んで泡巣を作りますし。ただ、今回、仔魚を確認するまで、全く産卵に気付かんかった!しかも、大きくサイズの違う仔稚魚がいまして、どうやら、複数回、産卵していたようである(^^;;



20150823071940065.jpg
ピグミーサンフィッシュ。

こちらもいつの間にやら、幼魚が育ってまして、ベタ同様、複数回産卵している様子である(^^;;

他に初期飼料が難しい、ダリオ、グラス・フィッシュ、ラスボラなどのコイ科もこのタイプの管理方法には向いている気がした。

・・・飼育の醍醐味とは、その種が持つ繁殖行動等の観察出来ることがそれなのだと私は思うのだが、こう言ったスタイルの管理だと、かなりこの部分はスポイルされてしまう。また殖やしたと言うより、湧いたって感じでありまして、何と言いますか、繁殖技術を腕を誇ろう?・・・そう言う部分を満たしてくれなかったりする。。ですが、ある日、突然、大きく育った幼魚を見付けてしまう^^と言うのは何とも言えぬ喜びがあるもので、是非とも今後も続けて行きたいモノで御座います^^





COMMENT

ニャンタ #-

桶を並べるだけでなく、杉板がえぇ感じで風情がありますね!

2015.08.23(Sun) 09:43 | URL | EDIT

ティー・ユー #-

Re: タイトルなし

どうもです^^

この杉板を土留にして桶と桶の間に田んぼの土を入れ、畦っぽくする構想もあったんですが、断念しました。オフシーズンに準備しまして、来年は実現したいですねぇ^^

2015.08.27(Thu) 00:05 | URL | EDIT

craft #8Z5KALLQ

屋外で

屋外でグッピー飼育されているのですか?
夏限定だとよさげですね。
(^-^)
うちも庭に睡蓮鉢を3つほど置いてますよ。

2015.08.27(Thu) 00:25 | URL | EDIT

Nonaka #-

どうもデス。
スイレンの花が綺麗ですね^ ^

2015.08.27(Thu) 07:38 | URL | EDIT

ティー・ユー #-

Re: タイトルなし

今迄、黙ってましたケド、
スイレンの仲間は好きなのです^ ^

2015.08.30(Sun) 16:40 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

ティー・ユー

Author:ティー・ユー
物心がついた頃より、水生生物を飼育。数年の中断を経て、飼育を再開した親父です^^
現在はワイルドベタ、胎生メダカを飼育中。

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑