Re:扉を開けると、そこは小型美種の園なのでした① ワイルドベタ編。

2015.10.08(Thu)

先月の末の話、

飼育再開後、親交させて頂いているD氏のお宅にお邪魔しました。

例えば、他府県の方が、大阪のショップのHPをご覧になられた際、妙な、と言うか^^プライベート便臭な魚種の気配を感じる事も多いかと思いますが、D氏がプライベートで輸入・繁殖させた魚だったりする場合が実は多かったりします。本業は堅気の方^^ですので、パートタイム・ブリーダーと言う事になるのでしょうか。しかし、マイナー種の普及に並々ならぬ情熱を持っておられ、恐らくは、本業より力が入っている^^のでは?と感じます。飼育繁殖されている魚は、いわゆる小型美種全般です。特に卵生メダカには力を入れているみたいです。

と、言う訳で^^D氏の飼育している魚達をカテゴリー別に勝手にご紹介しますよ^^


【ベタ】

20151007211111405.jpg
ベタ・タエニアータ“サンガウ”

・・・コメント欄を参考にして頂けると有難いのですが、ベタ・タエニアータ“サンガウ”として入荷した魚です。タエニアータは、マレーシア・サラワク州、カプアス上流域からレコードされている種類で、サンガウか、その周辺に分布しているのかは不明^^でも、まあ、確かにこれはタエニアータっぽくはありますなぁ。一応、タエニアータはピクタ系ですが、そもそもプグナックスとピクタは遺伝的に近いと言う事で、この地域のプグナックス系の分布・判別は複雑。これはザックリ同じような分布を見せるルティランス系に似たモノがありそうな気がしますね。チョット、面白そうなんで、また見通しが付きましたら^^改めて記事にしたいです。

20151007205601d82.jpg
ベタ・アルビマルギナータ。

非常にシャープ印象のアルビの群れですよ。系統の良さを感じますなぁ^^

20151007205042007.jpg
ベタ・ペルセフォン。

いつの間にか希少種になっているペルセフォン。久し振りに昨年、入って来ましたよ。しかし、こちらで見たペアはギョとするぐらいデカいペアでした^^

20151007203610d10.jpg
ベタ・デニスヨンギィ。

つい先ごろ、ルブラより分離・記載されたこの魚も、最近はこの名前で入ってくるようになってます。でも、まあ、時にルブラと混じってますよ^^頭部のメラニンパターンで見分けるのですが、状態によっては目の後方のラインが、赤い発色で分断されて見える事があります。ですが、眼の下に伸びるラインが眼径より、大きく広がっていると、デニスヨンギィです。

20151018060931df0.jpg
ベタ・マクロストマ。

全般的にマクロストマの咥卵期間は長いようです(因みにD氏の飼育部屋はエアコンで室温20℃に保たれている)。それだけ卵食のリスクは高まるわけで、D氏は早めに吐き出させ、写真のように小瓶で泳げるようになるまで個別に管理されてます。水は蒸留水を使用し、雑菌・カビに侵される危険性を抑えています。タナゴの人工繁殖ではよく採用されている方法ですが、ベタにも有効のようです。



続く^^





COMMENT

#-

どうもです^ ^

B・ブレビオベザスって入荷してたんですね!?

2015.10.08(Thu) 07:50 | URL | EDIT

ティー・ユー #-

Re: タイトルなし

どうもです^ ^

いや〜我々の間で、カプアス上流域にいる大きいタエニアータが、どうやら新種記載されてるみたい、ブレビオビサスって言うらしいよ、て話があって、記事を書くにあたって、確認の為、記載論文を拾ってきて、現在、確認中なんでありますよ(;^_^A

D氏の飼育魚が一般的なモノじゃないのばかりで、画像に使う魚の情報を調べ直してますので、この記事の完成はまだ先になります(;^_^A

2015.10.08(Thu) 12:39 | URL | EDIT

nonaka #-

ブレビオベザスってもう10年以上も前に記載されてましたよ。
確か、あのミニマにも名前だけは載ってたと思います。
洋書アクアログのリンケ氏のエニサエの尾鰭に柄の無い写真があるんですが、それがブレビオベザスではないかと、何かの本に書いてたのを覚えてます。

2015.10.08(Thu) 14:52 | URL | EDIT

ティー・ユー #-

Re: タイトルなし

どうもです^ ^

あぁ〜!今、思い出しました!ベタの種類と簡単な説明があった号のミニマですね〜。懐かしい^ ^
記載は2006年みたいですね。完全にノーマークでした(;^_^A

こちらで見たのは、去年、フォーチュンさんに入ってた、サンガウ産のタエニアータと言うもので
絵合せ同定なのですが、
ブレビオビサスに適合するように感じます。
現時点では^ ^

記載論文によると、まだ、読み込んでいないですが、
模式標本がサンガウより直線で60キロ程度降った場所みたい。エニサエの生息地域の真っ只中ってのが、チョット引っ掛かる部分でもありまして、チョット、コレはルティランス問題的なニオイがしないでもありません。
どうやら、スマトラ側にもエニサエ/ブレビオビサス・ライクなのがいるみたいで、このベタも私には正直、訳わからん状態です^ ^

2015.10.08(Thu) 18:11 | URL | EDIT

nonaka #-

実はそのサンガウ産のタエニアータは3年ぐらい前にもFに入ってて、あそこで買うのは嫌だったんやけど、我慢できずに買った事がありましたよ。
でも、本当の意味でのサラワクのタエニアータを飼った事があるので、何か違ってやっぱりシックリ来なかったです。

ところで、ブレビオベザスってスペードテールって記述じゃなかったっけ?

2015.10.08(Thu) 20:13 | URL | EDIT

ティー・ユー #-

Re: タイトルなし

どうもです^ ^

•••確かに尾鰭は『槍の穂先』とありますね^ ^
うーむ困りましたね(;^_^A

もう少し、記載を深読みすると共にエニサエ、タエニアータとの違いを
明確にする必要がありますな(;^_^A

ブレビオビサスは、
遺伝的にプグナックス、ピクタ、ワラシーを含めた一群と姉妹群に位置付けられてるのも気になるし。。

とりあえず、
エニサエ種群とまた 勝手に呼ぼうかしら^ ^

2015.10.09(Fri) 05:48 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

ティー・ユー

Author:ティー・ユー
物心がついた頃より、水生生物を飼育。数年の中断を経て、飼育を再開した親父です^^
現在はワイルドベタ、胎生メダカを飼育中。

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑