FC2ブログ

桶トープ2016、夏。

2016.08.22(Mon)

一昨年より

始めたプラスチック製桶による野外飼育活動、名づけて『桶トープ』^^
三年目を迎えた今年は、更に規模を拡大。400ℓ入りの桶を2つ、80ℓの桶を3つ追加した!

20160821205244c40.jpeg
設置・数日後の図。

隣の空き地の地主さんの了解の下、この桶群を設置したのは、7月の初旬。出来れば、5月の連休中に設置したかったのだが、まあ、いつものように遅れました(^▽^;)


20160821205023fff.jpeg
8/20の図。

そして、これが最近の図である。サイドからの加温を防ぐ為、多少の美観を考慮して、カバーを取り付け。一応、朽ちかけた小舟をイメージしてみたのだが、イマイチかしら(^▽^;)・・・でも、まあ、最近はだいぶん、見慣れましたよ^^
肝心の断熱効果だが、やはりと言うか、水深の浅い80ℓ桶では、37℃を記録!この水温では、アフリカ産の雷魚やアナバス類では、かなり危険な水温。やはり寒冷紗などで遮光しないとダメみたいである。睡蓮なども水温が上がるにつれ、葉等は小型化。これが更なる水温の上昇を招く結果となった。

暑さのピークはまだ暫くは続くモノと思われるので、遮光する方向で調整し、来シーズンのデータ取りとしたい。そして、来年は本格的に魚等も飼育したい^^


20160821205146afa.jpeg
20160821205016ffe.jpeg
去年より稼働中の桶トープ。

こちらは、午後になると家の陰になる影響か、水温は低目の29度以下である。植物の種類によっては、やや日照不足な面もあるようで、植えて三年目のアサザは、移動先の新規桶トープでようやく開花した。


<飼育生物などをご紹介>

20160821205736e27.jpeg
ゼグロアシナガバチ。

桶トープには、トンボ類をはじめ、様々な虫が集まりますが、アシナガバチは水場として利用しているようですな。

20160821205734a52.jpeg
2016082120501235e.jpeg
20160821205015522.jpeg
スイレン類。

ホームセンターで購入できる一般的な種類です。可憐な花は桶トープの華!魚飼育の言い訳にも使え、便利です^^


20160821204945253.jpeg
20160821205348d5d.jpeg
20160821205244339.jpeg
20160821204943770.jpeg
オニバス。

棘がホント鋭くて、痛いです^^

20160821205532acf.jpeg
イトタヌキモの仲間。

勝手に生えてきました^^


20160821205142808.jpeg
アサザ。


20160821205011969.jpeg
20160821205534265.jpeg
ホテイアオイ。

単純に綺麗です^^花が終了後、茎が曲がって、花が水中に首を突っ込む様子が面白い。非常に丈夫で遮光効果・冷却効果も非常に優れています。
植物の葉はかなりの光を吸収する。当然、夏場はオーバーヒート気味になり、そうすると各種生体維持に関わるタンパク質の能力が落ちたり、破壊されたりしてしまうのだが、葉から水分を盛んに蒸発させて、その気化熱を利用して葉を冷却し、これを防いでいるようである。桶トープに使用するような各種植物は、水には恵まれた環境に生息する為、これを能力が顕著のようである。
わが家で使用している植物で、明らかに冷却能力が高い種類は他ミニパピルス、ヨシ、ガマなど。結構なラジエーター効果がある。しかし、水の蒸発による水位の低下もまた、かなりのものだが^^


20160821205732c0d.jpeg
カワバタモロコ。

画像は昨年、殖えた幼魚で7月の中旬頃に撮影したもの。全長2センチほど。今年は三世代目を狙いたい。メダカに比べると高水温には弱いが、この一年の飼育で、概ね桶トープでの飼育に向いている種類と分かった。
何故、メダカを飼わないかって?他人に強いるつもりは全くないが、今、流行りの改良メダカの無配慮な飼育は、拡散・逃げ出しは、在来生息のメダカの遺伝汚染の危険があるように思うので、あえて飼育はしないのである。


20160821205538c78.jpeg
コモウセンゴケ。

昨年、トウカイコモウセンゴケと紹介しましたが、これは誤りであった🙇 若干、株が増えているみたいである。


20160821205531db9.jpeg
ベタ・cf.シャムオリエンタリス“ベトナム・インベリス”の稚魚^^

やはり、主役はベタだったりする^^
高温に強いスプレンデンス系は、スイレンの葉が生い茂るこのような環境には、全くお似合いなのである。他にシャムオリエンタリス、昨年殖えたマハチャイエンシスなどを。





COMMENT

craft #8Z5KALLQ

ベタ稚魚

ベタ稚魚を野外で飼育ですか。
素敵ですね。
日本にいながらにして気分は東南アジア。
(^-^)
そうそう、
アピストがあと1匹で終わるんですが、ベタのイラスト描きます?

2016.08.26(Fri) 00:23 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

ティー・ユー

Author:ティー・ユー
物心がついた頃より、水生生物を飼育。数年の中断を経て、飼育を再開した親父です^^
現在はワイルドベタ、胎生メダカを飼育中。

最新トラックバック

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑